導入事例1(超音波関連装置の開発、設計、製造、販売)

「指向性超音波スピーカー」

指向性超音波スピーカーとは、「広がらない音」を出すスピーカーです。
超音波を利用して音声を出力することにより、限られた範囲のみにその音声を聞かせることができます。
15メートル以上(社内計測)離れた場所でもほとんど変わらない音量で聞くことができます。
「セパレート タイプ」と異なり、モノラル出力となります。

お客様のご希望により筐体無しの販売、または別途有償にて筐体のカスタマイズも承ります。

<利用例>
・デジタルサイネージの補助装置として、興味ある人にだけ音声案内
・美術館や博物館で見ている展示物のみを音声案内
・店舗で商品ごとの音声案内
・ATMや切符の販売機での音声案内

【商品詳細】
「指向性超音波スピーカー/オール・イン・ワン タイプ」
価格:オープン価格
仕様:電圧  19V
   サイズ 150×150×32mm
   出力  モノラル

「指向性超音波ビーコン」

■屋内の位置測位では、わずかな誤差が大きく影響
「指向性超音波ビーコン」は、従来のWi-FiやBluetooth(R)を使ったビーコンに比べて、指向性のある超音波を使用することにより誤差1メートル以内(社内計測)という高精度を実現しました。また「指向性超音波ビーコン」は、通常のマイクでは取得できない高周波の超音波を出力していますが、変調をかけることにより通常のスマートフォン(一部の機種を除く)のマイクでの取得が可能です。


■指向性超音波ビーコン+アプリ開発でのソリューション提供について
誰もがスムーズに移動できる屋内位置情報サービスの提供に向けて、自社開発の「指向性超音波ビーコン」とアプリ開発をセットにしたソリューションの提供を開始いたしました。
社内でアプリ開発を行われるお客様向けに、「指向性超音波ビーコン」の個別販売も行います(最小購入台数あり)。
また「指向性超音波ビーコン」のID信号を受信するために、当社が独自開発したSDK(Android版、iOS版、Linux版)もご用意しております。

<利用例>
・地下鉄や空港など交通機関のナビゲーション
・ショッピングセンター、地下街のナビゲーション
・大型地下駐車場での駐車位置の記録・案内
・倉庫内での商品ピッキング補助
・屋内施設の警備、巡回、検診作業等の補助
・美術館などの展示で、作品に合わせたコンテンツ配信
・屋内ゲームでのイベント発生ポイント

ページの先頭へ戻る

導入事例2(弊社装置を使用したサービスの提供)

ページの先頭へ戻る

導入事例3(アプリケーション開発)

「かざしてGO!」(ソフトバンク)

(「さっ!」とかざして、「ぱっ!」とつながる! 「かざしてGO!」は、ソフトバンクモバイルが提供する画像認識アプリケーションです。 パンフレットやポスター、チラシなどの紙媒体から、テレビコマーシャルなどの動画まで様々な画像を認識し、お得な情報サイトへとご案内します。 操作がお手軽で、認識スピードも断然速い!
検索エンジンを提供しています。

ページの先頭へ戻る